参考書や問題集を売るなら宅配買取がお得!

当サイトでは大学受験を終えた方や、大学生活で使用した参考書や教科書を打ちたい方や、一部の幼児~高校の教材を売りたい方に向けたサイトです。

手順

参考書や問題集を宅配買取する際の手順とポイント

更新日:

当サイトでおすすめの学参ブックスと学参プラザを参考にした買取手順です。

買取依頼をする際の簡単な手順

  1. 買い取ってもらう商品が買取可能かサイトでチェックする。
  2. 身分証明書と買取商品の清掃、段ボールの用意
  3. サイトの買取申請フォームから必要事項を記入する
  4. 宅配業者が自宅に訪ねてくる時間に荷物を手渡す。
  5. 結果を待つか、おおよそ一週間以内に銀行に買取金額が振り込まれているかチェックする。

以上が宅配買取を行う時の手順です。

 

順を追って説明していきます。

    買い取ってもらう商品が買取可能かサイトでチェックする。

買取サイトでは商品が買取可能かどうか記載されています。自分の商品が売れるかどうかわからないと思っている方も多いですが

買取サイトに一度目を通してみると良いでしょう。

各サイトによって買取可能、不可能な商品が異なります。また、時期によって変化するので買取手続きをする場合は各サイトでチェックが必要です。

 

   身分証明書と買取商品の清掃、段ボールの用意

身分証明書の提示は古物営業法で定められているため必須です。

買取商品の清掃は、買取金額が大きくUPすることは考えにくいですが、マイナスに評価されない為にしておきましょう。

やはり、買取商品を査定するのも人間なのでパッと見で汚れていたり、ほこりがかぶっていると印象は悪いと思います。ですが神経質になる必要もありません。

個人的にはほこりを拭う程度で大丈夫だと考えています。

それよりも。段ボールの詰め方には気を付けましょう。

縦積みをすると本が中折れしたり変形してしまう恐れがあり、そうなると大きくマイナス評価を受けるか、買取不可になる可能性があります。

段ボールに商品をまとめる場合は、本を横向きになるべく同じ形のものを積み、隙間には新聞紙や衝撃吸収材になりうるものを積めて保護しておきましょう。

 

段ボールは、各サイトで決められたルールがあり、学参プラザと学参ブックスでは無料で配布されるサービスがあります。

また、近くのスーパーなどでも段ボールを無料でくれるところもありますので、利用しましょう。

  サイトの買取申請フォームから必要事項を記入する

 

サイトで買取申請フォームがあり、必要事項記入してきます。

住所、電話番号、買取金額振込先銀行、査定内容の提示、段ボールの無料配布の有無などです。

買取申請を入力し終えるとメールが届きます。

そのメールをプリントアウトする事で買取申込書となります。コピー機がない場合は手書きでも大丈夫なのと、

今ではコンビニでもデータ印刷できるコピー機がほとんどですので、買取サイトからのメールをUSBメモリーなどに移して利用するのも手ですね。

赤外線受信可能なコピー機もあるみたいですので、携帯に赤外線機能があれば、更に手軽にコピーする事ができるのではと思います。

   宅配業者が自宅に訪ねてくる時間に荷物を手渡す。

宅配業者に荷物を渡すのは簡単ですが、送料無料サービスを受けていた場合は注意が必要で、

送料無料サービスを受けると買取サイトが指定した運送会社で配送してもらう条件が発生します。

 

   買取金額が振り込まれているかチェックする。

学参ブックスでは商品到着後、自動承認希望ならば、約一週間で買取金額が振り込まれます。(自動承認希望ではない場合、一週間以上かかる場合もあります。)

学参プラザでは、スピード査定希望ならば、商品到着後(土日祝を除く)三日以内に買取金額が振り込まれます。

また、学参プラザではスピード査定を希望された方のみ買取金額がUPするキャンペーンが実施されています。(2015年4/25現在)

学参プラザ、学参ブックスともにスピード査定(自動承認)査定ならば、一週間前後で指定口座に振り込みがされていますので振り込まれているかの確認をします。

 

 

まとめ

宅配買取を利用する時は、買取可能かどうかを調べる事と、必要書類、段ボールの用意と宅配会社の依頼、この3点で買取手順は完了です。

あまり難しく考えずに要点だけ絞り、自分が売りたい参考書や問題集、予備校テキストがあれば(20点以上あれば段ボール送料無料)買取サイトを利用すると楽チンですよ。

 

 

-手順
-

Copyright© 参考書や問題集を売るなら宅配買取がお得! , 2017 AllRights Reserved.